4. 世界あの街この街:#9ニューヨーク


4.世界あの街この街

このコーナーでは旅行先として人気の様々な都市を詳しく紹介していきます。

第9回 ニューヨーク

ニューヨークシティ(トリップアドバイザー提供: (c)4Corners, 2013 3)

アメリカ合衆国・国旗

【画像:Wikipedia提供】


見どころと特徴

世界最大級の都市であり、新たなカルチャーが常に生み出される刺激的な都市。摩天楼の高層ビル、ショッピング、世界レベルの博物館や美術館、公園などじっくり見ようとすれば何日あっても足りない。ファッションやグルメも最高クラスの評価。
のんびり街歩き、ブロードウェイやライブハウスのはしご、NY名物のベーグルやリトルイタリーでのピザ食べ歩き、美術館めぐり、一世一代のショッピング、そして意外なビーチ遊びまで、刺激とアクティビティに事欠かない。

ニューヨークの中心はマンハッタン。ハドソン川とイースト川に囲まれた中州で、摩天楼ひしめく観光の中心。北側にはブロンクス地区。
イースト側を挟んで東側がクイーンズおよびブルックリン。アッパー湾を挟んだ南側にスタテンアイランド島がある。

マンハッタン島は南北に細長い島で、面積は山手線の内側程度。
ニューヨーク観光はまずは島のほぼ中央に位置するセントラルパークから。パークの東西両側はアッパーサイドという高級住宅街で、メトロポリタン美術館、NY近代美術館、グッゲンハイム美術館などの世界屈指のミュージアムが連なっている。

メトロポリタン美術館(トリップアドバイザー提供)

パークのすぐ南からはNYの代名詞であるタイムズスクエア、ロックフェラーセンター、エンパイア・ステートビルなどの摩天楼が拡がるミッドタウン。有名なニューヨーク5番街もブロードウェイもマジソンスクエアガーデンもすべてここにある。

Photos of Times Square, New York City
This photo of Times Square(トリップアドバイザー提供)

ミッドタウンの南がダウンタウンで、街歩きが楽しい個性的な地区が続く。
西側のチェルシー地区はアートギャラリーが建ち並ぶ。精肉工場が多かったことにちなむミート・パッキング地区は高級レストランやホテルがひしめく。東のグラマシーは閑静な住宅街。
その南、グリニッジビレッジ(ウエストビレッジ)とイーストビレッジは新しい文化の発信地。ニューヨーク大学、ブルーノートや伝説のライブハウスCBCGもこのエリアに存在していた。

その南にはソーホーやトライベッカといった流行発信地、チャイナタウンやリトルイタリーといった観光客にも人気の地区が続く。2月の春節や9月のサンジェローナ・フェスティバルなど、祭りの時期は最高にエキサイティング。
さらにその南の島南端が若者の集まるロウアー・イーストサイドとウォールストリートやワールドトレードセンター跡のあるロウアー・マンハッタン。「自由の女神」行のフェリーもここから。

セントラルパークから北に向かうとハーレム&スパニッシュハーレム。アフロアメリカンやヒスパニック系住民が住み、スプレーアートに彩られた活気ある街並みが拡がる。

自由の女神(トリップアドバイザー提供)

マンハッタン島の北、ブロンクスはヤンキースタジアムや全米最大のブロンクス動物園が有名。東側のクイーンズは移民の住宅街が広がるNYのローカルエリア。JFK空港もここ。ブルックリンは緑多い住宅街で、ホットドック早食いで有名なネイサンズもブルックリンのコニー・アイランド遊園地にある。南側のスタテンアイランドはビーチも楽しめる自然豊かな島。
コーニー アイランドの写真
コーニー アイランド (トリップアドバイザー提供)

ニューヨーク近郊の見所は、首都ワシントンDC、古都ボストンやフィラデルフィアなど。ナイアガラの大瀑布もマンハッタンから日帰りの距離にある。

ナイアガラの滝の写真
ナイアガラの滝 (トリップアドバイザー提供)


日本からの行き方

(空路)
成田からは、デルタ航空、ユナイテッド、アメリカンの米系とJAL、ANAの日系が直行便を出している。デルタが最安で12万円台から、ユナイテッド、JAL、ANAが13万円程度から。経由便の場合、デルタがシアトルやサンフランシスコ乗り継ぎで10万円台から。ユナイテッド、エアカナダなどが12万円台。デルタは乗り継ぎでも直行便にプラス3~5時間程度なので、日程に余裕があれば最もお勧め。
羽田の場合、アメリカン航空*やJALが直行便で14万円程度。経由便はやはりデルタが10万円台から。
関空の場合はユナイテッドがサンフランシスコ乗り継ぎで10万円台、JAL、デルタが12万円、チャイナエアラインが13万円程度。
*アメリカン航空の羽田-ニューヨーク・ジョンFケネディ空港線は12/1で運休

(パッケージツアー)
シーズンにもよるが、4泊5日(機内泊)往復直行便でサーチャージ込み15万程度が相場。稀にデルタ利用で10万円程度の掘り出し物も見つかる。

(空港)
東京(羽田/成田)からニューヨークのジョンFケネディ国際空港まで、直行便の場合往路13時間、復路14時間程度。日付変更線を越えるため、往路は同日もしくは前日、復路は翌日の到着となる。JFKはマンハッタンから約25キロのクイーンズ地区に位置する巨大空港で、デルタやJALなどが乗り入れる。

JFK空港からはエアトレインJFKと地下鉄を乗り継ぎマンハッタンなど中心街に移動出来る。リーズナブルだが荷物が大きい場合は乗り換えが手間。エアトレインは5ドル、地下鉄は2.25ドルで、24時間運行している。総所要時間は1時間程度。エアトレインと地下鉄はジャマイカ駅(Jamaica Station)かハワードビーチ駅(Howard Beach)で接続している。
空港からはシャトルバスまたは乗り合いバンが運行している。バンは24時間運行。マンハッタンまで1時間強、20ドル程度。
タクシーは45分、60ドル程度。人数が多い場合や荷物が重い場合はこちらがお勧め。ぼったくりの白タクに注意。

ユナイテッドなどが乗り入れるニューアーク空港の場合は、エアトレインとNJトランジット(NJ Transit)を使って13ドル、30分程度でマンハッタンに到着する。エアポートバス・乗り合いバンは20~30ドル、50分程度。タクシーは50ドル、所要30分程度。


地理と気候

北緯41度で、日本でいえば青森あたり。四季があり、日本に似ているが夏と冬が長いのが特徴。4月から春となる、5~6月くらいから早くも暑くなり夏突入。夏の気温は30度を越える日も。10月くらいから秋に入り、12月以降は雪が降り気温も氷点下以下に。全般に、夏はやや涼しく冬は東京より厳しい。やはり春と秋が過ごしやすい。


【画像:Google提供】


言語と通貨

英語が基本。
ヨーロッパ系が4割、ヒスパニック・アフリカ系がそれぞれ2割強、アジア系が1割程度。
通貨は米国ドル。1ドル=98円程度(13年10月時点)。

物価は米国の中でも最も高い。ほぼ東京と同程度と見て良い。交通機関やスーパーで買える食品、日用品などは安く、外食はチップや税金が乗ることもあって高め(ただし外食は1人前の分量が多い)。
ホテル代は高い。便利なロケーションにある4つ星ホテルなら一泊300ドル程度。
地下鉄・バスが初乗り2.5ドル、タクシー初乗り(320m)が2.5ドル。

両替は最低限のドルを日本で両替していけば十分。
チップのためにレストランやタクシーで使える小銭(1ドル紙幣)を多く持っておくと便利。
現地では概ねクレジットカードが使える。現金が必要であれば都度現地からATMで引き出すのが効率的。


【画像:Wikipedia提供】


ビザと治安

以前は犯罪多発都市として知られていたが、ジュリアーニ元市長の取り組みなどもあり安全なイメージが高まっている。しかし、依然として凶悪事件の発生率は東京の5~10倍以上と高く、危険な地域には立ち寄らない方が無難。また、置き引きやスリ、空港でのぼったくりタクシーなども日本人の被害例が報告されている。

観光目的の場合、90日以内の滞在はビザ免除。商用や第三国を経由しての入国などではビザが必要。
ビザ免除のためにはESTA(電子渡航認証システム)による事前申請が必要。ESTAは2年間有効で渡航72時間前までに申請が推奨されている。ESTAを取得していないと入国できないため早めの準備がお勧め。


市内交通

(タクシー)
黄色い車体のイエローキャブが利用できる。メーター制。初乗り(320m)が2.5ドルでチップが必要(最低1ドル、料金の2割程度)。南北を走るアベニューと東西を走るストリートで行先を指定すれば間違えることはない。

(地下鉄)
22路線がマンハッタンだけでなくブロンクス、クイーンズまで細かく結んでいる。24時間運航で、初乗り2.5ドル。チャージ式でバスと共用できるメトロカードが便利。

(MTAバス)
マンハッタンでは南北(北Uptown、南Downtown)、東西(Crosstown)の表示通りに運行しておりわかりやすい。メトロカードか現金で支払う(2.25$)。車内で両替出来ず、おつりも出ないので注意。


ホテルとシーズン

ホテル代はニューヨーク最大の悩みどころ。マンハッタンの中心にあるツインの部屋なら最低250ドルは見ておく必要がある。ダウンタウンの安宿でも税金やチップを加えると100ドル程度になる。
予算に限りがあるなら、郊外の掘り出しものを探すか、ベッド&ブレックファースト形式のいわゆる民宿や個人宅の部屋貸しサービスAirbnbの利用もお勧め。


ネット・通信環境

(携帯・モバイル)
プリペイドSIMはあまり流通していない。
実用的な速度が出るT-MobileのSIMを直営店で購入することが出来る。AT&Tのカードは、AT&Tショップかamazon.comで入手できる。

(Wifi)
ホテル、ショッピングセンター、レストラン、カフェ、公共図書館などでWifiを提供している。マクドナルド、スターバックスは無料Wifiを提供している。