3a. tabinote旅行記 12泊14日イタリア周遊旅行記(準備編)


3a. tabinote旅行記 12泊14日イタリア周遊旅行記(準備編)

Profile
yukoyamashita

やましたゆうこ

ごくふつーの社会人。旅行の非日常感が好き。
美味しい食事とお酒、それと猫とカワウソが好きです。

今号から数回にわたり、tabinote読者のやましたゆうこさんによるイタリア周遊旅行記を掲載します。
内容は2015年6月の体験にもとづいています。


突然ですが!私はイタリアが大大大大大好きです!(≧∀≦)
初めて行ったのは、今からちょうど10年前。社会人1年目の時です。
イタリア好きの同僚とハプニング続きで大混乱(笑)しつつも、とても楽しい旅行でした。

旅行でのハプニング…というと、みなさんはどんな経験がありますか?
ロストバゲージ、迷子、スリ、ぼったくり…等でしょうか?

前回のイタリア旅行では、ハプニング三昧(主に迷子w)だったので、今回は準備に準備を重ねました!
どんな準備をしたのか等、みなさんのご旅行の参考になれたら嬉しいです♪


事前準備はプロにお任せ!

前回のイタリア旅行は、全てツアーだったのですが、フィレンツェとローマでの各々1日ずつの自由行動だけを事前準備していました。
ですが、今回のイタリア旅行は、途中ツアーに現地集合で参加し、ツアーの前後は完全な個人旅行!
そのため、 往復航空券、宿泊ホテル、ツアー以外部分の移動手段、観光、等の手配が必要でした。
また、前回は旅慣れた同行者だったため準備はほとんど同行者にお任せだったのですが、今回は私も同行者も旅慣れていません。
出発の6ヶ月程前から、準備で試行錯誤が始まります…。(笑)

12泊14日の旅程
ツアー中の自由時間はもちろん、ツアー以外部分の旅程は、行きたい都市に対して時間と費用がかかりすぎないか気を付けながら、旅程を組みました。実際の旅程はこんな感じでした。
羽田→ミュンヘン(トランジット)→トリノ(2泊)→ミラノ(1泊)→ヴェネツィア(1泊)→フィレンツェ(2泊)(途中半日ピサ観光)→ローマ(2泊)(途中日帰りナポリ観光)→パレルモ(トランジット)→ランペドゥーザ(2泊)→パレルモ(トランジット)→ローマ(1泊)→ウィーン(トランジット・1泊)→成田

00-21

日本からの往復航空券
直行便であれば、どの航空券が安いかはインターネットを使えばシロウトの私でも比較的簡単に調べることができます。
しかし、どこか別の国を経由して行く、となると、購入する航空券の選択肢はかなり広がります…!(>_<) そして、広がった選択肢の中から、明確な基準もないまま、費用と飛行時間とを天秤にかけて、どれがベストなルートとなるかを、判断しなくてはなりません。 さらに、海外のLCCの存在…!正直、調べる情報が多すぎます。 そこで、当時tabinoteで公開されていた航空券検索サービス(現在はSkyScannerの検索フォームに変わりました)を依頼した結果、ANAのマイルをもう少し貯めれば、ANAの提携航空会社の特典航空券が取得できることがわかったので、
依頼をした1ヶ月半後あたりに、
  • 往路:ルフトハンザ航空で、羽田から、ミュンヘンでトランジットしてから、トリノに移動
  • 復路:オーストリア航空で、ローマから、ウィーンでトランジット してから 、成田に移動
という特典航空券を、出発の5ヶ月程前に入手しました!
入手できる特典航空券にはいろいろなルート・航空会社があり、どのルートを選択するか悩みましたが、
トランジットの都市をいろいろ調べた結果、ミュンヘン空港には、入国審査を済ませた後のセントラルエリア内にレストラン「Airbräuエアーブロイ」という自家醸造のビールが飲めるお店があることがわかったので、往路はミュンヘントランジットに決めました(o^^o)
写真は「Airbräuエアーブロイ」でいただいた、とっっっても美味しかったビールとソーセージです!

01-02

01-03

ツアー以外部分の移動手段
行きたい都市間や離島への移動は、陸路・空路・海路といろいろな選択肢がありました。
イタリアは本土内の移動は陸路がとても便利です。
予約も、現地の交通機関のサイトで、英語に表示することができるので、難なくできました。
また、「ランペドゥーザ島」というあまり有名ではない離島に行こうとしていたのですが、ここへ行くには、空路と海路があります。
費用と飛行時間を考えるとやはり空路だなと考え、こちらは空路のチケットを入手しました。
ローマからパレルモ経由でランペドゥーザ島には行くのですが、パレルモ・ランペドゥーザ間の便はLCCがあり、お得だったのですが、
ルートを迷っている間にチケットの購入タイミングが遅くなり、結局アリタリアの航空券を入手したのが、少し残念でした…(涙)
安いチケットは、早く売れてしまうので、お得に旅をするには早めの入手が鉄則ですね!
ちなみにランペドゥーザ島は、この辺にあります。
シチリア島よりさらに南で、マルタ島より西、という位置です。こうして地図で見ると、かなりチュニジア寄りですね!

00-22

宿泊ホテル
インターネットを利用して、ExpediaやAirbnb等から予約しようと調べました。
その中から、アクセスのしやすさ、宿泊費の安さと、ホテルの綺麗さ、そしてホテルの部屋にWiFiがあること、をチェックポイントにホテルを選びました。
写真は実際に宿泊した、トリノのとても良いホテルの寝室です。
このホテルは寝室以外にも部屋があったり、大きなバスタブがついていたり、とても広くてキレイで、大当たりでした♪

00-23

観光
今回同行者はイタリアが初めてだったため、王道の観光は必須でしたが、王道の観光どころはツアーでほとんど予約していただきました。
観光チケットの手配や、本来ならとても混雑する入場手続きが簡単で済むのは、ツアーでの団体予約ならでは、ですね!
それ以外のところは、インターネットでオーディオガイドつきの観光バスを予約したり、
Google Mapでマイマップを作り、行きたいお店の場所にピンを立てました!
<参考:私が実際に作成したマイマップ@トリノ>

266e839f-47a5-4fe2-affb-7df9d9f0d0d4

また、Google Mapを利用する前提だったため、インターネットが必要でした。
そのため、出発前に、自分のスマホのSIMロック解除手続きをし、現地で利用できる通信会社、購入できるプランとその費用、実際にSIMカードを購入できるお店の場所、等を調べました。
ちなみに、上の画像のマイマップで、スマホアイコンのピンが立ててあるところは、Vodafon shopです。
実際にトリノのVodafon shopで購入したSIMカードのプランはこんなものでした。25ユーロで2週間充分に利用できました!

02-19

=================================
次号に続きます!
=================================
次号では、いよいよ旅行に出発です!
パンフレットに載らないような地元っ子おすすめレストラン等もご紹介予定なので、お楽しみに~!