tabinoteメールマガジン 2017/08/22号 Vol.090

Contents

1. 旅行業界最新ニュース
2. タビノート/下川裕治
3a. バルカン半島訪問記5 -スプリト(最終回)
3b. 緊急寄稿! トラトラトラ!本場・ハルビンでシベリア虎を見学 ~前編
4. 旅の本屋 のまど イベント情報
5. 編集後記


1. 旅行業界最新ニュース

カタール、ビザ免除へ

カタール(国)は、日本を含む80カ国の国民に対しビザ免除での入国を許可することを発表した。滞在期間はフランス、ドイツ、スペインなど33カ国が180日、日本、アメリカ、香港など47カ国が30日間となっている。これによりこれまでは入国審査時にQR100(約3000円)のトランジットビザが必要だったドーハ空港からのカタール入国が無料となる。

ルフトハンザ機内で男児誕生

7月26日、ボゴタ発フランクフルト行きのルフトハンザ航空LH543便でブルガリア人女性が男児を出産した。離陸後陣痛が始まった女性は、乗り合わせた3人の医師と客室乗務員の助けで、北大西洋高度39,000フィート上空で無事出産。男児は医師の1人と同じ「ニコライ」と名付けられたという。ルフトハンザ航空の機内での出産は、1965年以降11人目。

セントレア、新ターミナルの工事を公告

8月10日、中部国際空港(セントレア)は新旅客ターミナルビル工事の公告を開始した。今年3月に発表した新ターミナルビルの計画によると、連絡通路を含めて延べ面積は約45,000平方メートル、主にLCCの利用を想定しておりスポット数は合計10スポットとなる予定。工事完了は2019年7月を予定している。

シンガポール・チャンギ空港に和食専門フードコート

全日空商事は、シンガポール・チャンギ空港に日本食フードコート「JAPAN GOURMET HALL SORA」を11月上旬に開業すると発表した。場所はターミナル2の搭乗口前ロビーエリアとなり、席数は約290席。ラーメンや丼ものなど6店舗を予定しており、帰国前に一足早く和食を楽しむことができるようになる。

エア・ベルリンが破産申請。運行は継続

ベルリンとデュッセルドルフを拠点に多数のヨーロッパ路線を運行するドイツ第二2位の航空会社エア・ベルリンが8月15日に破産申請を行った。エティハド航空による財政支援が打ち切りになったことによるもので、今後はルフトハンザグループとドイツ連邦政府の支援で経営再建を目指すという。

ジェットスター、那覇~シンガポール線に就航

ジェットスター・アジア航空は、11月より那覇~シンガポール線に週3便就航することを発表した。使用機材はエアバスA320、価格は片道12000円から。那覇からの東南アジア路線はピーチ・アビエーションのバンコク便に続き2路線目となる。

ダイヤ
2:20 シンガポール → 8:30 那覇(3K791)運航日:月金日
9:30 那覇 → 13:40 シンガポール(3K792)運航日:月金日

↑目次に戻る


2a. 連載:「タビノート」 下川裕治

月に何回か飛行機に乗る。最近はLCCの割合が増えている。そんな体験をメールマガジンの形でお届けする。

Profile
shimokawa

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)

1954年、長野県松本市生まれ。旅行作家。新聞社勤務を経てフリーランスに。『12万円で世界を歩く』(朝日文庫)でデビュー。アジアと沖縄、旅に関する著書、編著多数。『南の島の甲子園 八重山商工の夏』(双葉社)で2006年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。近著に『沖縄にとろける』『バンコク迷走』(ともに双葉文庫)、『沖縄通い婚』(編著・徳間文庫)、『香田証生さんはなぜ殺されたか』(新潮社)、『5万4千円でアジア大横断』(新潮文庫)、『週末アジアに行ってきます』(講談社文庫)、『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)がある。

たそがれ色のオデッセイ BY 下川裕治

那覇空港がLCCのハブという流れ

 LCCの那覇空港ハブ化が進んでいる。現在、ピーチ・アビエーションは、那覇空港から、台北、香港、ソウル、バンコク路線に就航している。それぞれ1日1便、台北路線は1日2便体制だ。ピーチ・アビエーションが好調なのだろうか。ジェットスター・ジャパンも那覇―シンガポール路線の就航を発表した。
 7月にバンコクから那覇までピーチ・アビエーションに乗った。那覇には朝着くが、出発は午前1時台という、ややつらい時刻。所要時間は4時間半ほど。LCCだから食事のサービスもないから、まあ寝てしまえば……というスケジュールである。
 しかし安い。僕は直前に買ったので7000円ほどだったが、もっと早く予約を入れれば4000円台になるらしい。もっとも就航のキャンペーンがまだ続いているのかもしれない。今後は1万円ぐらいに落ち着くかもしれないが。
 その便の乗客は152人だった。全座席数は180。集客率は80%を超えていた。乗ってみてわかったが、乗客の8割はタイ人だった。残りの1割が欧米人、そして1割が日本人。つまり日本にやってくるタイ人のための便という感がある。
 隣に座っていたタイ人に訊いてみた。
「那覇で乗り換えて大阪まで行きます。家族5人の日本旅行です。航空券代? 正確に覚えていないけど、たぶん往復で7000バーツぐらい。娘がとってくれました。安くて助かります」
 7000バーツは日本円に換算すると2万3000円ほど。キャンペーンをうまく使ったのかもしれないが、LCCの大阪直行便より安い。
 那覇空港で見ていると、タイ人の多くが、那覇での乗り換えだった。那覇空港をハブ的に使っているのだ。
 那覇空港のハブ化には伏線がある。全日空が貨物のハブ空港に使っているのだ。那覇は東アジアからなら2時間ほどの距離。ここで荷物を積み替えるわけだ。
 日本のLCCもこの応用である。最大の利点は、これまで国内線で使っていた機材をそのまま使えることだ。ピーチ・アビエーションが国内線で使っているのはエアバスA320。中型機である。長距離飛行はできないが、バンコクまで4時間半なら運航できる。
 機材の統一は、LCCにとって経費の節減につながる。アジアのLCCであるエアアジアやスクートが大型機を導入し、長距離路線に進出しているが、日本路線などでは苦戦している。それを計算にいれた那覇のハブ化という計画が読み取れる。
 今後、乗り換えというデメリットを超えるほどの運賃を提示できるか、どうか。鍵を握るのは集客率ということだろうか。


那覇空港では写真撮影は禁止。徒歩でターミナルに行くが風が強く、トラブルの原因になるためだとか

↑目次に戻る


3a. バルカン半島訪問記5 -スプリト(最終回)

Profile
darklogosmall

評論同人誌サークル「暗黒通信団」の雑文書き。
貧乏ノマド独身。英語は苦手。好きな地域は中東の砂漠。元コミケスタッフ。コテコテの理系。自称高等遊民。
詳しくは http://ankokudan.org/d/d.htm?member-j.html

 
シさんによるバルカン半島旅行記の第5弾、バルカン半島編は最終回です。次の連載をご期待ください!
第1弾第2弾第3弾第4弾


今回で一応この連載も最終回だ。本当はもっと長々と書けるのだが、ハイライト(とひどい目にあったこと)はお伝えできたから切り上げてしまう。
無敵に近い僕に苦手なものがあるとすれば”女性”である。スプリトの宿は最初から修羅場であった。なんせ六人部屋で男は僕一人。あとはみんな女性なのだ。バックパッカーの宿というのは若い人が多いので若い女性。それを素直に喜べる性格なら、いい年こいて独身などやっていないだろう。トイレやシャワーが共同だから、荒い使い方をしてると女子軍に集団リンチをくらいそうで、どうにもやりづらい。相手が相手だからトイレ一つでも、いちいち中に入ってるかどうかコンコンして確認しないといけないし、そもそも女子というのはなんでこうシャワーにかける時間が異様に長いのか。一人で30分も中で何しているんだろうかと不思議でたまらない。お湯を流している音もしないのだし、異世界と交信でもしているのか。自慢じゃないが僕などシャワーなら5分以内で終わる。会社ぐらしの流浪民をなめるなよ。

めちゃくちゃに気を遣ってるのと極力会話を回避しているせいで特に目立ったトラブルにはならないが、代わりにものすごく疲弊した。さらに、こちらも少し負い目というか見栄というかがあって、いつもの男オンリー部屋でするような、半裸で大イビキをかいて爆睡するのがためらわれる。となると、どうも寝にくくて、朝三時とかに目が開いたりし、あまり眠れないまま朝になってしまった。七時に意を決してシャワー。女子様たちが皆様寝入っておられるスキに、そのままさっと準備をして八時から逃げるように観光開始。なんせ、根本的に女性と会話したくない。本当に心の底から苦手なんだってことをどうか分かってくれ。

スプリトの街にはディオクレティアヌス宮殿というローマ遺跡があって、たぶんこれが当地における世界遺産の心臓部だ。

ディオクレティアヌス宮殿

ディオクレティアヌス宮殿。この角度を外すとレストランが写ってしまってダサい

お掃除車

宮殿のまわりはお掃除車で掃除されてる

宿から歩いて五分という好立地で、チケットは侵入可能なエリアによって赤と青の二種類ある。当然すべて入れる赤を選択。そしてお金を払った以上は、権利を最大限行使して、すべてのスポットをカメラに収めねばならない。

まずは大聖堂。指示通りに進んでいくと、教会の祭壇の横から出てくるという、不思議すぎる構造だ。なんせ祭壇に向かって信者様が祈ってるところに、「ゃぁ(笑顔)」みたいな感じでモテない中年がヌッと現れるわけだ。

祭壇

朝日の差し込む祭壇。この右手奥から「ゃぁ」と現れるわけだ

すぐさま十字軍が編成されて無慈悲な核攻撃を受けかねない。聖堂の写真は朝日が前からさしてきて、清涼感漂う良い仕上がりになったが、実情を知れば抱腹ものである。

赤チケットだと聖堂の横の塔にも登ることができる。中空四角形の石造りで、中央部には鐘が取り付けられている。頑張って最上階まで登ると、なかなか見晴らしが良い。大航海時代に灯台守が見ていた風景がこんなんじゃないかと思った。

スプリトの港

塔から見下ろすスプリトの港。宿は右奥のほう。青果市場は左手前

アドリア海

塔から見るアドリア海

宝物殿もなかなか面白い、一部屋だけだが、朝なので観光客は誰もおらず、暇そうな係員が喋りたくてウズウズしていて、入るなり人感センサーで起動した自動音声のように強制的な説明が始まった。

宮殿地下

宮殿地下より上の建造物を眺めた図

とりあえず部屋の右側にある聖人の人骨は三世紀の人で、何か戦争の結果川に投げ込まれたけど市民によって引き上げられたという伝説があるらしい。無駄に増えるトリビア。あとはその聖人をかたどった銀細工とか、立派な服とかが色々展示されている。なんか名前は忘れたけど偉い人だということはわかった。写真撮影不可。

他にはジュピターの像が飾ってある部屋とか、地下の祭壇にも行ける。地下神殿は入るなり妙に蒸し暑くて、どこぞのハマームかよと思ってしまう。このあたりで第一陣の観光旅団がやってきて、ツアコン様の流麗な英語で至福のときを過ごしていた。なぜか黒猫多し。

この宮殿は総じて、ローマ遺跡としてはなかなか立派である。朝っぱらから係の人が掃除マシンで掃除していたりしてメンテナンス具合も良い。こういう遺跡も政変でISISみたいなテロリストに乗っ取られたら無慈悲に破壊されてしまうのかと思うと、なんともブルーになる。パルミラって、あれとても良い雰囲気の遺跡だったんだよ……。

女子たちに超配慮するあまり朝も食べてないわけで(ついでにいえば夜も食べてないわけで)空腹がきつい。ここは青果市場も有名だというので、宮殿観光を終わらせると、市場で健康志向を発揮し、トマトやバナナやオレンジを買い込んで、その場でバリバリ食べ干した。なんせすごく安いので値段を気にせずどんどん食べられる。ちなみにそれは朝メシで、昼メシは宿の人オススメの店でブラックリゾット(貝のリゾットで色が黒い)を食った。円換算で1200円くらいと激高いのだが、昼間から無職っぽいおっさんがくっちゃべってる大阪ミナミのイケてるお好み焼き屋みたいな店であった。潮風とともに実にいい雰囲気を出していて、味も良い。アドリア海なんだから、たまにはアドリア海料理を食わないとな。

そろそろ疲れて宿に戻ると、韓国人ともう一人何人か分からない東洋系の女性二人が熱心に化粧していた。化粧もまたやたら時間がかかるものらしい。30分くらいも熱心に鏡と対峙し、銀細工でも作るかのようにあちらこちらを補修していく。そしてとにかく部屋中に化学物質の香りが充満する。きついなぁと思って部屋の外でネットをしていたら、二人で連れ立って大急ぎで出ていった。女子ってほんと、全方位的に大変だな、と思う。

11時半のバスに乗ろうと思って11時ちょうどに宿を出たら、バス停では11時20分にバスが出るとか云われて、慌ててとび乗った。これでスプリトは終わり。なんだか尻切れで申し訳ないのだが、出発時間がいい加減な割に、お値段はガッツリ西側価格で、首都ザグレブまで2000円くらいもする。経路は単純極まりなく、高速道路をひたすら北上するだけである。

旅はこの先、ザグレブ(失恋博物館は必見)、プリトヴィツェ湖群国立公園(色がバスクリンみたいな池の数々。世界遺産)、ブダペスト(恐怖の館は見よう。クロアチア語が彫られた教会も良い)と続くが、それらの話はまたの機会にしたい。ご愛読に感謝!

失恋博物館@ザグレブ

失恋博物館@ザグレブ

ザグレブ市内の道

ザグレブ市内の道。街灯が天体みたい

プリトヴィツェ湖群国立公園

プリトヴィツェ湖群国立公園。加工無しで本当にこんな色

ザグレブ市の教会内に彫られたクロアチア語

ザグレブ市の教会内に彫られたクロアチア語。ほぼラピュタ

恐怖の館

恐怖の館@ブダペスト。地下鉄降りて5分。目立つ建物だ…

聖イシュトヴァーン大聖堂

聖イシュトヴァーン大聖堂@ブダペスト

↑目次に戻る


3b. 緊急寄稿! トラトラトラ!本場・ハルビンでシベリア虎を見学 ~前編

今年の3月に春秋航空の超安チケットで中国のハルビンに行ってきました。
中国の東北部は初めて。2月のハルビンはマイナス20度という極寒の世界なようですが、3月の気温はせいぜい東京の冬程度。思ったほどの寒さではありませんでした。

それでも市の中心を流れる大河・松花江はバッチリ対岸まで凍っています。昼間、氷の上を歩いていたらマンガみたいに足元からピシピシ氷が割れ始めて死ぬほど焦りました。

(ビッシリ凍った松花江)


(夜になるとなぜかランタンの打ち上げが始まる)

ハルビンの冬の風物詩と言えば超ド級のスケールで開催される「ハルビン雪祭り」。

(出典:Wikipedia)

私が行ったのは閉会後でイベントを見ることはできませんでしたが、松花江の河川敷に連なる巨大な雪山を見てそのスケールに驚かされました。

(ちょっとしたビルくらいある巨大な山)

さて、「ハルビン雪祭り」を除くと旧日本軍731部隊の博物館くらいしか観るところのないハルビン。
(731部隊の話はまた別の機会にお話しします)

そんな中、Tripadvisorが勧めてくれたのが「東北虎林園」です。

私、プロレスゲームでは必ず三沢光晴を選ぶほどのトラ好き。興味がわいて調べてみました。

サイトを見てみると、東北虎林園は中国最大、イコール世界最大の東北虎(シベリアトラ・アムールトラ)保護飼育施設で、絶滅危惧種とされている貴重なトラの純血種が数百頭、自然そのままの環境で育てられているとのこと。珍しいホワイトタイガーやライガー(父がライオンで母がトラの交雑種、でかい)、なぜかライオンまでいるとか。
東北虎林園_百度百科

要するにトラとその仲間達しかいないサファリパーク的なもの….と思いきや、なにやら別の角度から話題になっているようで…。

生きた動物をトラに餌付けする残酷ショー、その目的は?―黒竜江省ハルビン市 (Record china 2015.08.20)
http://www.recordchina.co.jp/b116767-s0-c30.html

・おなかをすかせたアムールトラでいっぱいの飼育エリアに生きたままの動物を放ち、来場者らはそれを車上から鑑賞
・国内外から批判の声が絶えない

 
中国・繁殖基地のシベリアトラ 太りすぎて“巨大なネコ”に!(Techinsight 2017.02.09)
http://japan.techinsight.jp/2017/02/ac02081232.html

・SNSに投稿された超肥満体のシベリアトラの写真
・動物愛護団体は東北虎林園に対して強く抗議

この施設、なにやら国際的に問題になっている模様。
アトラクション的に鶏や羊を生き餌にしたエサやりショーをやっていて、その様が残酷であるという非難の声があるようです。より一層深刻なのがトラの肥満。エサはもちろん有料なので、園がカネほしさにどんどんエサを与えトラは四六時中食いまくり巨大化、保護施設どころかデブ虎養成所になっているというカオス状態。
これはぜひこの目で見てみなくては!


平日の朝、早速Googleマップを片手にバスに乗り、トラ園を目指します。

壮大なゲートです。カネかかってそう。

このトラ園、広さは144万平方メートル。ほぼ東京の皇居と同じという圧巻のスケール。

このポスターを見ると全く保護施設に見えません。サーカスじゃん!

入り口です。まだ開園前で閑散としています。
トラのキャラがそこかしこに並んでいます。

入場券販売所に並んでいると、なんだかすごい楽しみにしてる奴みたいで恥ずかしくなってきました。どうせ誰もいないのでぶらぶらします。

これが噂のエサ表。

牛肉が10元(当時のレートで170円くらい)、鶏が60元…。そして羊が1500元(25500円)!市場で一頭買った方が安いんじゃないの?

開園時間になりました。チケットを買って入場口をくぐると…、

お土産屋がずらーり!

これは関西のおばちゃんでも着れないでしょう。強烈なセンスです。

このリュック背負ってるねえちゃん、原宿で見た!

入場券が2枚になります。どうやら入場料と巡回バスのチケットが別になっている模様。
しかし、そもそも巡回バスに乗らず徒歩で見学することはできません。謎です。


(徒歩禁止の看板)


バスに乗り込みます。この時間、私以外の客はこの家族連れだけ。

さて、ここからは更に驚きの光景が待っていたのでした…。

(続きます)

↑目次に戻る


4. 旅の本屋 のまど イベント情報:
 9月1日 週末アジア旅倶楽部 旅bar ~旅の本屋のまど店長・川田さんの場合~
 9月7日 下川裕治さん スライド&トークショー

Profile
プロフィール

旅の本屋 のまど

東京・西荻窪にある旅の本屋です。音楽、映画、思想、料理、宗教など、さまざまなジャンルから「旅」を感じさせてくれる本をセレクトしています。「旅」に関するイベントも定期的に開催中!
所在地:〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-10司ビル1F
営業時間:12:00 ~ 22:00 定休日:水曜日
HP:http://www.nomad-books.co.jp/


◆週末アジア旅倶楽部 旅bar◆
「旅人による”旅”の場づくり。
~旅の本屋のまど店長・川田さんの場合~」

090101

東京・西荻窪にある「旅の本屋のまど」。旅をテーマに、ガイドブックだけでなく、幅広いジャンルの新刊・古本を取りそろえています。
店長の川田さん自身も旅が大好き。これまでに約40か国を訪れ、忙しくなった今でも、年に1~2回は海外旅行をしています。
新刊も扱う旅の本屋は、日本ではここだけ。そんなユニークでレアな書店を、川田さんはどうしてつくったのでしょうか?川田さんが旅の本屋という場所に込めた想い、場づくりの工夫などを伺います。

川田さんおすすめの旅本も紹介。
旅の本屋という空間をまるごと楽しんでください!

【トーク内容 (予定)】
・川田さんの経歴、旅の本屋のまどを開業するまでの経緯
・旅の本屋のまどに込めた想い、こだわっている点
・川田さんおすすめの旅本
・今後の展望 (川田さんが目指す“旅”の場づくりとは?) など

※質疑応答の時間も設けます

川田正和(かわたまさかず)

090104
出版社を退職後、海外を旅する中で「旅の本屋」というスタイルの書店に出会う。
大手書店での経験を経て、当時、吉祥寺にあった「のまど」に就職。
その後、前オーナーから引き継ぐ形で現在の場所で営業を開始。
「旅を表現する場所」としてイメージされた店内には、ジャンルにとらわれない様々な書籍やグッズが所狭しと並んでいる。
10周年を迎えた今、「旅人たちをつなげる場所」として、海外の書店関係者からも注目されている。

◆旅の本屋のまどツイッター
http://twitter.com/nomad_books

【開催日時】 9月1日(金)  19:30 ~ (開場19:00)
【参加費】  1000円
【会場】  旅の本屋のまど店内  
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp
主催:週末アジア旅倶楽部 
 協力:旅の本屋のまど


新刊「東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編」発売記念
◆下川裕治さん  スライド&トークショー◆
「タイ・ミャンマー 全鉄道制覇迷走の旅」

新刊『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』(双葉文庫)の発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんをお招きして、タイとミャンマーの鉄道旅の魅力についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。超過酷なユーラシア大陸を縦断する鉄道旅や東南アジアの「マイナー国境」をひたすら越える旅を体験した下川さんが今回挑戦したのは、東南アジアの鉄道の全路線を完全乗車する旅。本書は、タイとミャンマー国内を、短い盲腸線を行ったり来たり、降りたら誰もいない真っ暗な駅で呆然としたり、時刻表にも載ってない謎の路線を求めてさまよったりと、あと一歩で東南アジア全鉄道を制覇するのがどれほど大変なことかを思い知らされる紀行エッセイになっています。下川さんは、果たしてタイとミャンマーの鉄道路線を完全乗車することができたのでしょうか?下川ファンの方はもちろん、タイやミャンマーが好きな方や東南アジアの鉄道旅に興味のある方はぜひご参加ください!

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

下川裕治(しもかわゆうじ)

1954年長野県松本市生まれ。旅行作家。『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、主にアジア、沖縄をフィールドにバックパッカースタイルでの旅を書き続けている。著書に、 『鈍行列車のアジア旅』『「生き場」を探す日本人』『世界最悪の鉄道旅行ユーラシア横断2万キロ』『「行きづらい日本人」を捨てる』『シニアひとり旅 バックパッカーのすすめアジア編』 等。

◆下川裕治さんブログ「たそがれ色のオデッセイ」
http://odyssey.namjai.cc/

【開催日時】  9月7日(木)   19:30 ~ (開場19:00)
【参加費】  1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】  旅の本屋のまど店内
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。
【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp
 主催:旅の本屋のまど
 協力:双葉社

↑目次に戻る


5. 編集後記

tabinoteワタベです。
8月の東京は全然晴れませんね。その割に蒸し暑いわスコールが降るわで、本当に南国のようです。
さて、tabinoteメールマガジン90号をお送りします。

ニュースは色々ありますが、カタールのビザ免除はなにげに魅力的ですね。ドーハにはスーク・ワキーフというリノベーションされた中東の市場街があり、従来もトランジット・ツアーで寄れたようですが夜はさらに風情満点です。エアベルリンは昨年乗る機会がありました。今後はスターアライアンスのルフトハンザ主導で再建するそうです。
下川さんのエッセイはハブ空港化が進む那覇空港について。「日本-香港2980円~!」なんて表示を見て急いでサイトに行くと那覇便かよ!なんてこともよくあります。それほど那覇の国際線LCCは増えてますね。タイムリーにジェットスターの那覇~シンガポール便というニュースも入ってきました。

旅行記、シさんのバルカン半島編は今回が最終回です。ツラい東部から始めて風光明媚な西端のアドリア海で終わるというのもいいですね。逆だったらだんだんしんどくなってきますからね。ありがとうございました。続編を楽しみにしております。
もう1つの旅行記、前号に続いて動物シリーズ第2弾はハルビンのトラ園です。Tripadvisorによると、成都のパンダ園と並んで中国の2大動物エンタメと呼ばれているとかいないとか…。世界中から非難を浴びているこの問題施設に潜入しました。
のまどさんのイベントは、9/1がのまどの城主・川田さんのトークショー、9/7が御大・下川さんのトークショーというすばらしいラインナップ。下川さんのミャンマー鉄道トークは私も参加します。


さて、tabinote執筆・エクスナレッジ刊の「世界の美しい市場」、いよいよ発売となりました!
欧米のスタイリッシュな市場、匂い立ちそうなアジアの熱気あふれる市場、南米の色彩豊かな市場などなど、一度は訪れてみたい世界の市場を美麗な写真と共にご紹介しています。もちろんtabinoteだけにガイド情報もバッチリ。妄想旅行に、旅先選びの参考に、ぜひご活用下さい。


tabinoteサイトでは過去の有料メルマガ連載をアップしており、無料でご覧いただけます
連載:下川裕治さん
連載:柳下毅一郎さん
連載:水谷さるころさん

次回第91号は2017年9月26日(火)の発行予定です。


発行:有限責任事業組合tabinote
http://tabinote.jp

※本メルマガの連載原稿または寄稿、告知などの著作権は著者・情報発信元に帰属します。その他の著作権および全ての編集著作権はtabinoteに帰属します。記事の引用・転載は出典を明記いただくとともに、諸関連法規の定めに従っていただきますようお願いいたします。

↑目次に戻る