3a. tabinote旅行記 はじめてのフィリピン(おまけ)


3a. tabinote旅行記 はじめてのフィリピン(おまけ)

はじめに

tabinote田口です。このコーナーでは毎号スタッフの旅行記を掲載していきますが、今後は読者の方の旅行記も掲載していくつもりです。われこそはという方がいらしたら、ぜひこちらまでお寄せください。採用の方には薄謝を差し上げます。
また、tabinoteは自分だけのユニークな旅行プラン作成のお手伝いをするサービスです。このメルマガを読んでどこかへ行きたくなったら、ぜひtabinoteまでご相談ください。


(本事例は2015年3月時点の予約可能なプランおよび費用にもとづいており、実際にtabinoteスタッフが体験した旅程と写真を使用しています。)


2週にわたってフィリピンの報告をさせていただいたわけだが、最後にこの旅行でいちばん印象に残った事を付け加えさせていただきたい。

渡航初日、ニノイ・アキノ国際空港第3ターミナルをSIMカードを求めてうろついていた時のことだ。

03

な、なんだお前は!!

赤いタキシードを着てとびっきりの笑顔でポーズを取るこいつに目を奪われ、思わず駆け寄ってしまった。
これがオレと「Jollibee」の出会いであった。

04

「Jollibee」とは、フィリピン全土に1200店、中国や香港など国外にも160店を構える巨大ファーストフードチェーン。
世界各国でファーストフードのシェアトップを奪うマクドナルドだが、フィリピンには「Jollibee」があるためトップになれないという、まさに国民的チェーン店だ。
とにかくどこに行ってもある。タクシーに乗っていると2,3ブロックに1つはあるという印象。もちろんマニラだけではなくセブ島にも、おそらくほかの島でも同様だろう。
そしてどの店舗も例外なく現地の人で大繁盛しているのだ。
俄然興味が出たオレは、その後「Jollibee」を見かけるたびに入店してしまうため、同行した妻に呆れられたものだ。

05

とにかく「Jollibee」はかわいい!!
40代のおっさんが言うのもなんだがかわいい!!

11

ポーズがかわいい!!

12

ポコっと出たお腹がかわいい!!

13

見かけるたびに記念写真を撮らないわけにはいかないくらいかわいいのだ!!

07

もちろんかわいいだけじゃなくて肝心の料理もうまい。
ハンバーガーは肉とチーズがたっぷり。マックよりも野趣あふれる感じだ。

08

そしてこの太くて柔らかいスパゲッティー。ナポリタンではなくなんだか甘いタレが絶妙だ。
新潟名物みかづきの「イタリアン」に少し似ているといえばわかる人にはわかるだろうか。
付け合せの春巻きもたまらない。

09

ビーフにペッパーソースとガーリックチップをふりかけたもの。これをごはんと一緒にかっ込む。うまくないわけがない。

10

そしてこのハンバーグ。かかっているのはグレイビーソースにマッシュポテト。完璧すぎる。

他にもフライドチキン(もちろんグレイビーソースがかかっている)や、フィリピン料理のパラボックやバッチョイといったメニューも揃っている。
もう一週間滞在して全メニューを制覇したかった。

最近東京・渋谷にアメリカのメキシカンファーストフード「タコ・ベル」が出店したようだが、誘致すべきは「Jollibee」だ!「Jollibee」しかない!!
本気で禁断症状が出始めている……。