3a. tabinote旅行記 はじめてのフィリピン(後編)


3a. tabinote旅行記 はじめてのフィリピン(後編)

はじめに

tabinote田口です。このコーナーでは毎号スタッフの旅行記を掲載していきますが、今後は読者の方の旅行記も掲載していくつもりです。われこそはという方がいらしたら、ぜひこちらまでお寄せください。採用の方には薄謝を差し上げます。
また、tabinoteは自分だけのユニークな旅行プラン作成のお手伝いをするサービスです。このメルマガを読んでどこかへ行きたくなったら、ぜひtabinoteまでご相談ください。


(本事例は2015年3月時点の予約可能なプランおよび費用にもとづいており、実際にtabinoteスタッフが体験した旅程と写真を使用しています。)


マニラからセブへの移動はAirAsia Zestを利用した。
元々は1995年に設立されたAsian Spiritという名の新興航空会社だったが、2008年に買収されZest Airwaysに社名変更、さらに2013年にエアアジアのフィリピン法人、Airasia Philippineと提携・合併しAirAsia Zestとなった経緯があるエアラインだ。

01

ルソン島にあるマニラからセブ島までは約1時間のフライト。

02

マクタン・セブ国際空港は、正確にはセブ島ではなく、橋で結ばれたマクタン島という小さな島にある。

03

空港からホテルなどの密集するセブシティーまではタクシーで30分程度。2つの島を結ぶ橋を渡っている間に日没となった。

04

初日に泊まったのはエアアジア系列のTune Hotel Cebu
日本を含むアジア全域に展開するTune HotelはLCCならぬLCH(Low Cost Hotel)を自称し、安くて快適なサービスを提供する。
特にここは従業員のサービスもよくバジェット(格安)ホテルとは思えないくらい気持よく滞在できた。

26

タオルアート。このレベルのホテルで見たのははじめてだ。

05

翌日はホテル徒歩1分のショッピングモール、Ayala Center Cebuに行ってみた。

06

目当てはもちろんフードコート。
やはりここもローカルフード中心。おいしい肉料理を食らう。

07

併設のショッピングセンター、METRO
大量の食料を買い込む地元民を見ながらおみやげの香辛料など。

08

夜は奮発してシーフードプレートを頼んでみたのだが、これが驚きの不味さ。
まあ、こんなこともある。

09

フィリピンはキリスト教が盛ん。キリストグッズを売る店がたくさんあった。

10

さて、翌日からはマニラのカジノで儲けたあぶく銭を使い、ビーチリゾートに行ってみることに。
多くのリゾートはセブ島ではなく飛行場のあるマクタン島にある。
タクシーに乗ってリゾートに向かうが、車窓は都会のセブシティーと違い、トタン建ての粗末な家が多い。貧富の差を存分に実感しながら資本主義の権化に向かう。

11

宿泊したのはCrimson Resort and Spa Mactan
レベルとしては中級だとは思うがそれでも1泊日本円にして2万円以上。よっぽどのことがない限り日本円1万円以下のホテルにしか泊まらないことにしているオレだが、まあたまにはいいだろう。

12

コテージタイプの部屋はいかにもなザ・リゾート感。

13

なにはともあれビーチへ。

14

狭いがいちおうプライベートビーチ。

15

でもプールで泳いでいる人の方が多かったかな。

16

ディナー。正直値段の割にはいまいちだった……。

17

夜のビーチサイドバー。お酒は一杯600円くらい。めちゃめちゃ高い。

18

朝食バイキング。まあ普通。

19

と、食事の文句ばかり書いているが、なにもせずにビーチに寝っ転がってビール飲みながら怠惰に過ごす1日は最高でしたとも。

21

というわけでリゾートを満喫して。Tune Hotelに戻ります。
やっぱ落ち着く。

22

フィリピン名物レチョンという豚の丸焼き料理。
見た目はあまりよくないがうまかった。

24

解体された豚がカウンターに並べられており食欲をそそる。

27

最終日は市内観光。スペイン統治時代に建築されたサン・ペドロ要塞というところにタクシーで向かう。

28

遠足の子どもたちに取り囲まれる。

29

大砲が会ったのでとりあえずまたがってみたよ。

30

Magellan’s Cross(マゼランズ・クロス)。
ポルトガルの英雄マゼランが建立した十字架ということだが、工事中らしくなにも見えなかった。

31

近くのサントニーニョ教会も工事中。

32

とは言え、周囲は現地民向け路上マーケットになっておりおもしろかった。

もう一回だけ続きます。

35

(おまけ)フィリピン庶民の足「ジプニー」
思い思いのデコレーションが楽しかった。