2b. 連載:「旅のしりとりエッセイ」 吉田友和  2015/4/7号 Vol.045 無料版


2b.「旅のしりとりエッセイ」 吉田友和

Profile
プロフィール

吉田友和(よしだともかず)

1976年千葉県生まれ。出版社勤務を経て、2002年、初海外旅行にして夫婦で世界一周旅行を敢行。旅の過程を一冊にまとめた『世界一周デート』で、2005年に旅行作家としてデビュー。「週末海外」というライフスタイルを提唱。国内外を旅しながら、執筆活動を続けている。その他、『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』(講談社)、『自分を探さない旅』(平凡社)、『LCCで行く! アジア新自由旅行』(幻冬舎)、『めざせプチ秘境!』(角川書店)、『3日もあれば海外旅行』(光文社)など著書多数。
旅行作家★吉田友和 Official Web

しりとりで旅する 第42回 吉田友和

の ノイシュバンシュタイン城

 平成の大修理を終え、一般公開が再開された姫路城が話題になっている。白鷺城の別名に恥じない真っ白な天守は、改装を終えたばかりのいましか見られないのだという。姫路城にはこれまで二度訪れているが、近いうちにまたぜひ行きたいと思っている。
 歴史好きなので、お城巡りは我が旅における重要なテーマのひとつだ。国内はもちろんのこと、海外でもお城があると聞くとつい足が向く。同じ歴史建築物でも、教会やモスクといった宗教系の施設よりもお城のほうがより惹かれるものがある。これぞ男のロマンという感じがしてワクワクするのは、きっと僕だけではないだろう。
 昨年の秋には、念願だったノイシュバンシュタイン城を訪れることができた。ドイツ南部のフュッセンという街の郊外に位置する、白亜の山城である。あのディズニーランドのシンデレラ城のモデルだとも言われている。


以降は「有料版メルマガ」にて公開しています。
有料版は月300円です。この機会にぜひ購読をご検討下さい。
こちらの画面下部から「有料版購読」をお選び下さい。
https://tabinote.jp/mailmag/