読者からのお便り  2013/07/16号 Vol.002


6. 読者からのお便り

質問

秋頃スペインのバルセロナに行きたいと思っています。
スペインへの直行便が無いので、ヨーロッパのどこかの都市で乗り継いで行こうと思いますが、どのルートが安いでしょうか。
それとも、香港やバンコクまでLCCで安く移動してそこでチケットを買った方が安かったりするのでしょうか。
(***さん、男性)


お答え

tabinoteワタベです。
以前はエアアジアのパリ・ロンドン便があり、キャンペーンを利用すれば驚くほど安く欧州に行くことが出来ました。現在は欧州行きが廃止され、既存の航空会社を使っていく他ありません。

主な手段は、ヨーロッパに直行する欧州系、中東系、アジア・中華系です。

時期によって大きく違いますが、安定して安いのは欧州系です。日本から便数の多いロンドン、パリなどの都市まで概ね11万円程度です。その中でもアエロフロートモスクワ経由は別格で安く、時期や曜日によっては10万円を切ることもあります。所要時間も15~19時間程度と最も短く済みます。

次いで中東系が安いことが多いようです。ただし所要時間は長めで、ドバイ経由の便などは現地泊が必要な場合もあります。
アジア・中華系は中東系と同じような印象で、総じて欧州系と同じかやや高いくらいの運賃で、所要時間は長めです。
中東、アジア共に欧州系に比べて積極的に選ぶ理由はありませんが、たまにウソのように安い便が出てくるのがやっかいです。油断が出来ないのがイスタンブール経由のトルコ航空で、11~12月には8万円台をたたき出すこともあります。

また、アジアの大都市に移動する案ですが、移動時間や現地までの渡航費用(宿泊費用)を入れると決して得とは言えません。欧州行きのためだけではなく、アジアに数泊滞在し現地観光を楽しみ、さらに欧州にも飛ぶという欲張りなプランなら大いにお勧めです。

旅に関するご質問や、tabinoteへのご要望など、何でもご自由にこちらまでお寄せ下さい。