DSC00323

tabinoteメールマガジン 2015/12/29号 Vol.062

Contents

1. 旅行業界最新ニュース
2. tabinoteからのご挨拶
3. 旅の本屋 のまど イベント情報


1. 旅行業界最新ニュース

沖縄、下地島空港に旅客ターミナル

三菱地所は12月25日、現在定期便の就航していない沖縄県下地島空港の旅客ターミナルを整備し、国際線、国内線LCC、プライベートジェットなどを受け入れる事業を県に提案したと発表した。事業決定が行われた場合2018年5月開業の見込み。下地島は伊良部島、宮古島という観光拠点に橋でつながっており、内外観光客誘致に貢献すると見られる。

バンコクドンムアン空港第2ターミナルがオープン

バンコク近郊のドンムアン空港は、閉鎖していた第2ターミナルをリニューアルオープンした。
同空港は2006年のスワンナプーム空港ができるまではバンコクの玄関口として機能していたが、スワンナプームに多くの便が移行してからは政府専用機やチャーター機などごく限られた運用に制限されていた。
しかし、2012年ごろよりエアアジアをはじめとする主にLCCの就航が続き、従来の第1ターミナルのみの運用では手狭になたっため、第2ターミナルを国内線専用ターミナルとして再オープンすることになった。

偶然ではあるがオープン当日tabinote田口が同空港を訪れていたため簡易写真レポートをどうぞ。

01
いつものように第1ターミナルでチェックインしようとすると「第2ターミナルへどうぞ」と言われる。寝耳に水であるが、指さされた方に行ってみると、なんと未使用だった第2ターミナルがいつのまにか使えるようになっているではないか。

02
再開当日とあってものすごい人。マスコミ関係も多かったようだ。

03
各航空会社ごとにセレモニーやったりしてクリスマスということもありまさにお祭り騒ぎ。写真はノックエアだが他の航空会社も負けじと騒いでいた。派手好きなタイ人の面目躍如である。

04
昔の面影を色濃く残す第1ターミナルに比べ、こと内装だけに限ればかなりきれいにお色直しされている。

05
まあところどころ工事中なのはご愛嬌ということで。

MRJ初号機、納入が1年延期

三菱航空機と三菱重工業は、11月に初飛行を成功させた同社が開発する国産初の旅客ジェット機「MRJ」の引き渡し時期を2018年中頃に延期すると発表した。理由としては地上試験における試験項目の見直しや追加、試験結果のフィードバックに要する期間の延長をあげており、トラブルではないと強調している。

↑目次に戻る


2. tabinoteからのご挨拶

皆様、今年もメルマガをご愛読いただきありがとうございました。
来年からも旅心をくすぐる企画を用意しておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さて、以前ちらっとご紹介した「tabinote航空券価格情報」、いよいよ明日から正式にオープンします!
長年、世界中の航空券検索サイトを巡回、安チケットあさりに血道をあげてきたtabinoteスタッフがつくった「自分たちが本当にほしい航空券予約サイト」。
行き先別に“いちばん”安い便と日付が一目瞭然!そのまま予約もできます。

tabinote

特に日本からの渡航者が多いバンコク、台北、クアラルンプール、香港、北京、上海、ソウル、シンガポール、ホーチミン、シェムリアップ、マニラ、バリ、ニューヨーク、ロスアンゼルス、サンフランシスコ、ホノルル、ロンドン、パリをリストアップしました。今後ご希望に応じて行き先が増えていくかもです。

そして、tabinoteメールマガジンご購読の方にはなんと「毎日」新鮮な価格情報をおとどけします。
これでお得情報を逃す心配もなし。さっそく友達にも教えてあげよう!

Inbox---tkhwtb-gmail.com

↑目次に戻る


3. 旅の本屋 のまど イベント情報:1月22日 カベルナリア吉田さん スライド&トークショー

Profile
プロフィール

旅の本屋 のまど

東京・西荻窪にある旅の本屋です。音楽、映画、思想、料理、宗教など、さまざまなジャンルから「旅」を感じさせてくれる本をセレクトしています。「旅」に関するイベントも定期的に開催中!
所在地:〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-10司ビル1F
営業時間:12:00 ~ 22:00 定休日:水曜日
HP:http://www.nomad-books.co.jp/


今年1年間、当店のイベント情報を読んでいただきありがとうございました。
おかげさまで今年は過去最多の24回のイベントを開催できました。来年最初のイベントは、1/22(金)に新刊『絶海の孤島 増補改訂版』(イカロス出版)の発売を記念して、 紀行ライターのカベルナリア吉田さんをお招きして、対馬と小笠原の父島の2つの孤島について語っていただきます。
来年も多彩なゲストの方をお招きして楽しいイベントを企画していきますので、引き続き当店をよろしくお願いします。


新刊「絶海の孤島 増補改訂版」発売記念
◆カベルナリア吉田さん  スライド&トークショー◆
「対馬と父島 ~ 2つの孤島で見えた“日本”」

0122zekkai
新刊『絶海の孤島 増補改訂版』(イカロス出版)の発売を記念して、紀行ライターのカベルナリア吉田さんをお招きして、対馬と小笠原の父島の2つの孤島についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。2012年4月に出版した『絶海の孤島』が、3年半がかりで増刷改訂にこぎつけたカベルナリア吉田さん。新装版では新たに「対馬」を加え、また初版でクソミソに書いた父島(当時は世界遺産になったばかりで大騒ぎ!)を再訪し、全編書き直しています。片や「韓国に乗っ取られる」と噂が絶えない対馬、片や中国サンゴ密漁団に悩まされた父島。2つの「国境の島」を歩き感じたのは、東京でノホホンと暮らしていてはわからない「日本の今」。海の向こうの外敵の脅威に怯え、有事には国防の盾となる一方で、領海確保の道具に使われ、その生活は様々な不便を強いられ。孤島は日本の身勝手を映し出す鏡なのかもしれません。対馬はこのまま韓国になってしまうのか?
世界遺産バブルが去った父島の現在は?特に対馬の旅はダイナミックで必聴!カベルナリア吉田さんのファンの方はもちろん、島好きの方や日本の孤島に興味のある方はぜひご参加ください!
012206_R

※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。


カベルナリア吉田(かべるなりあよしだ)

0122kaberu_R
1965年北海道生まれ。紀行ライター。沖縄と島を中心に日本を歩き、紀行文を発表し続けている。近著は『沖縄戦546日を歩く』(彩流社)、ほか『石垣宮古ぐだぐだ散歩』
(イカロス出版)、『沖縄の島へ全部行ってみたサー』(朝日文庫)、『沖縄・奄美の小さな島々』(中公新書ラクレ)、『沖縄バカ一代』(林檎プロモーション)、『沖縄ディープインパクト食堂』(アスペクト)など。175cm×85kg乙女座O型、趣味はバイオリンとレスリング、ついに50歳。

◆カベルナリア吉田さんHP
http://www016.upp.so-net.ne.jp/cabecchi/


【開催日時】 1月22日(金)  19:30 ~ (開場19:00)
【参加費】   1000円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】  旅の本屋のまど店内  
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。
【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp
 主催:旅の本屋のまど
 協力:イカロス出版


tabinoteメールマガジン、次回は2016年1月12日(火)の発行予定です。


発行:有限責任事業組合tabinote
http://tabinote.jp

※本メルマガの連載原稿または寄稿、告知などの著作権は著者・情報発信元に帰属します。その他の著作権および全ての編集著作権はtabinoteに帰属します。記事の引用・転載は出典を明記いただくとともに、諸関連法規の定めに従っていただきますようお願いいたします。

↑目次に戻る